ゲーム攻略ブログ -紅の部屋- 【ドールズフロントライン(ドルフロ)】

指揮官Lv90 メンタルアップグレードが待ち遠しい指揮官です

 

 

【ドールズフロントライン(ドルフロ)】2019.2.22アップデート 実装キャラクター(人形)紹介

【ドールズフロントライン(ドルフロ)】2019.2.22アップデート 実装キャラクター(人形)紹介

 

 

2019.2.22のアップデートにて、5体が実装予定となっています。

 

各キャラクター(人形)の短評とおすすめレシピを紹介していきます。

 

▼はじめに

2019.2.22のアップデートで実装される、キャラクター(人形)の銃種は次の通りです。

 

ハンドガン(HG):2

サブマシンガンSMG):1

アサルトライフルAR):1

マシンガン(MG):1

 

次の項目から、各キャラクターの評価と短評を紹介していますが、評価については当ブログ独自のものとなっています。

 

詳細は以下の通りです。

f:id:rotherbst:20190219111614j:plain

各キャラクター(人形)の評価は、今後のアップデートによって、評価が大きく変動する可能性があります。

 

当記事をご覧になっていただくにあたって、筆者から1点お願いしたいことがあります。

 

ドルフロではこれから紹介するランク外のキャラクター(人形)を編成したとしても、攻略ができなくなるという事態は起こりません。

 

ただし攻略をするにあって他のキャラクター(人形)、装備そして指揮官(あなた)のキャラクター(人形)に対する愛など、サポートが必要になるということを念頭において、記事をご覧になってください。

 

 

▼実装ハンドガン(HG) キャラクター

1、☆5 コンテンダー(Aランク)

f:id:rotherbst:20190220113235j:plain

 

【おすすめレシピ】

f:id:rotherbst:20190220112537j:plain

「スキル」、「陣形効果」で高い支援能力を有するハンドガン(HG)です。

 

「スキル」では敵へダメージを与えるとともに、味方全体からの被ダメが上昇するデバフをターゲットへ、付与することができます。

 

「☆5 コンテンダー」を配置する場所によって、「スキル」の発動対象をある程度コントロールでき、

ボス戦では「☆5 コンテンダー」の配置場所に関わらず、「スキル」のターゲットが優先的にボスになります。

 

また「陣形効果」では対象が「☆5 コンテンダー」の全方位となっており、効果内容も火力、命中率上昇のため、味方全体の火力上昇が期待できます。

 

「スキル」と「陣形効果」のシナジーにより、高い火力上昇が期待できるハンドガン(HG)となっています。

 

「☆5 コンテンダー」を入手した際には、レベリングやスキル上げを優先的に行いたいところです。

 

・「スキル」では味方全体からの被ダメ上昇効果のあるデバフを付与でき、パーティー全体の火力上昇に寄与できる。

・「陣形効果」は効果範囲が「☆5 コンテンダー」の全範囲であり、効果内容も火力、命中率上昇のため「スキル」とのシナジー効果が期待できる。

・優秀な支援効果を持つハンドガン(HG)のため、入手優先度は高い。

 

2、☆4 K5Bランク)

f:id:rotherbst:20190220113514j:plain

 

【おすすめレシピ】

f:id:rotherbst:20190220112537j:plain

「スキル」の効果が、対象となる銃種によって異なるハンドガン(HG)です。

 

複数の銃種を編成していると「スキル」による効果的な運用が行える反面、編成している銃種が少ないと、「スキル」によって発生する効果量が低めであるため、「☆4 K5」を編成することによるアドバンテージを得られません。

 

「陣形効果」は「☆5 グリズリー」と同程度の火力上昇に加え、命中率上昇が付与されますので汎用性が高く、パーティー全体の火力底上げをしてくれます。

 

複数の銃種が編成された部隊で「☆4 K5」を運用するのであれば、Aランク相当の働きをしてくれるでしょう。

 

・「スキル」の効果が対象となる銃種によって異なる。

・「☆4 K5」の「スキル」による恩恵を十分に得るためにも、複数の銃種を編成した部隊での運用が望ましい。

・「陣形効果」は味方全体の火力、命中率上昇を上昇させ、火力上昇にいたっては「☆5 グリズリー」と同程度となる。

 

 

 

▼実装サブマシン(SMG) キャラクター

1、☆4 PP-90Bランク)

f:id:rotherbst:20190220113536j:plain

 

【おすすめレシピ】

f:id:rotherbst:20190220112612j:plain

「スキル」の開始キャストが4秒であり、戦闘序盤から「スキル」を発動することができるサブマシンガンSMG)です。

 

「☆4 PP-90」の魅力は「スキル」の開始キャストが短いことに加えて、「スキル」の効果時間の長さです。

 

「スキル」の効果時間が最大で15秒となり、「スキル」のリキャストが16秒ですので、戦闘中継続した「スキル」の発動が期待できます。

 

残念ながら「スキル」の効果量そのものが低めとなっているため、「☆4 PP-90」の魅力である継続した「スキル」の効果を生かしきれない性能となっています。

 

「陣形効果」も「☆4 UMP45」などの強力なサブマシンガンSMG)と比較すると有用性が低くなっているため、獲得の優先度は低いでしょう。

 

・開始キャストの短さ、効果時間の長さが魅力的な「スキル」持ちのサブマシンガンSMG)。

・「スキル」の効果自体は低めになっているため、長時間発動する「スキル」の恩恵を十二分に得にくい。

・「陣形効果」についても、「☆4 UMP45」などの強力なサブマシンガンSMG)と比較すると見劣りする。

 

 

▼実装アサルトライフルAR) キャラクター

1、☆5 K2Aランク)

f:id:rotherbst:20190220113554j:plain

 

【おすすめレシピ】

f:id:rotherbst:20190220112631j:plain

スキルアイコンをタップすると効果内容が変化する、「スキル」持ちのアサルトライフルAR)です。

 

デフォルトでは「Feverモード」となっており、攻撃する度に最大52%のダメージを3回与えます。

 

Feverモード」のスキル発動時には、「スキル」が発動する度に「銃身温度」が1度上昇し、「銃身温度」が15度以上になると、1度上昇するごとにダメージ、命中率が2%低下します。

 

ダメージ、命中率の低下は最大20まで重複し、最大でダメージ、命中率がともに40%低下してしまいます。

 

「銃身温度」を下げるためにはスキルアイコンをタップし、「Noteモード」にする必要があります。

 

Noteモード」時には攻撃する度に「銃身温度」が1度低下し、移動速度と回避が40%低下してしまいますが、同一の敵を攻撃する度にダメージが5%上昇します。

 

「銃身温度」が15未満になるように「Feverモード」と「Noteモード」を切り替えて、戦闘を進めるのが、「☆5 K2」の基本的な運用方法になります。

 

「陣形効果」ではサブマシンガンSMG)の火力、命中を上昇させることができますので、攻撃型のサブマシンガンSMG)である「☆5 Verctor」や「☆5 SR-3MP」などと編成するとよいでしょう。

 

・スキルアイコンをタップすることにより、効果が変化する「スキル」持ち。

・「銃身温度」にあわせて「スキル」を切り替える必要があるため、上級者向けのアサルトライフルAR)である。 

・「陣形効果」でサブマシンガンSMG)の火力、命中を上昇させることができるため、火力型のサブマシンガンSMG)と相性が良い。

 

 

▼実装マシンガン(MG) キャラクター

1、☆4 AmeliBランク)

f:id:rotherbst:20190220113605j:plain

 

【おすすめレシピ】

f:id:rotherbst:20190220112653j:plain

当記事作成時点で、効果的な運用が難しい「スキル」を有するマシンガン(MG)です。

 

「☆4 Ameli」の「スキル」である「準備万端N」は、「スキル」の効果自体は強力であるものの、開始キャストが8秒であるため、マシンガン(MG)という銃種のアドバンテージを活かすことができないものとなっています。

 

マシンガン(MG)は弾薬を撃ち終わるとリロードしなければならず、長期戦では不向きな銃種です。

 

「準備万端N」の開始キャストである8秒というのは、短期戦で活躍するマシンガン(MG)という銃種とはミスマッチであり、それにあわせてキャラクター(人形)自体の評価も低くなる傾向にあります。

 

とはいえ「陣形効果」は効果範囲が広く、ショットガン(SG)の防御を上昇させることができますので、「☆4 Ameli」を運用するのであれば、「陣形効果」目的となるでしょう。

 

マシンガン(MG)には☆3ながら強力な「スキル」である、「スタッカート」持ちの「☆3 M2HB」がいますので、複数のマシンガン(MG)を運用しなけれならないといった場合にのみ、「☆4 Ameli」の編成が考えれます。

 

・「☆4 Ameli」の「スキル」が「準備万端N」のため、マシンガン(MG)の主な運用方法である短期決戦には不向き。

・「陣形効果」は効果範囲が広く、ショットガン(SG)の防御を上昇させることができるため、「☆4 Ameli」の主な運用目的は「陣形効果」を期待するものになる。 

・マシンガン(MG)が必要なのであれば、入手難易度が低い「☆3 M2HB」などを優先して運用するほうがよい。